BLOG

ブログ

2020.07.18

ちょっとめずらしい!?絵本68冊がgatto coffeeで読めます!

gatto coffeeには本棚があります。
今年の2月、その本棚にすてきな絵本が68冊加わりました。
選書いただいたのは田村市常葉町にある絵本専門店 石川屋さん。
カラフルな絵本、面白い絵本、なかなか本屋さんでお目にかかれない珍しい絵本、絶版の絵本、大人が読んでも面白い絵本などなどバラエティに富んだラインナップとなっております。

本棚にもこだわりました。
絵を飾るように絵本が並び、カフェの空間がギャラリーのようです。
この本棚は石川屋さんのアドバイスをもとにスタッフがDIYしました。
おいしいコーヒーにゆったりとしたソファ。
くつろぎながら絵本を読む…そんな時間はいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そ・ん・な!
本棚のリニューアルを記念したイベントを2月22日に開催しました。
この日は絵本のよみきかせやZINE School、石川屋さんのトーク。本にまつわるイベントが目白押しの1日でした。

*絵本の読み聞かせ「ラフラフおはなしかい」
「ラフラフおはなしかい」は読書会の参加者こいずみさんによる持ち込み企画!
こいずみさんの感情のこもった優しい声で絵本の世界にひき込まれます。
絵本の合間には手遊びや唄も。実はこの手遊びや唄は次に読む絵本の内容とリンクしています。次の絵本の内容にすっと入っていける趣向を凝らした読み聞かせでした。

 

▼子どもの年齢にあわせてこいずみさんが選んだ絵本はこちら▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*ZINE School3期 vol.1
Book Actionという本にまつわるイベントを昨年(2019年)から開催しています。ZINE Schoolはそのプログラムの一つ。全3回の受講で1冊のZINEをつくります。ZINEとは個人で作る雑誌のこと。自分の好きなものについて書き綴ったり、漫画や小説、イラストや写真の作品集等ジャンルは様々。本の形も様々。今回で3期目を迎え5名でスタートです!

 

*石川屋さんのトーク「暮らしの中に絵本を」&ブックトーク
石川屋さんに登壇していただきました。トークでは暮らしと絵本の関係や楽しみ方、選書した絵本について数冊紹介していただきました。
石川屋さんが「はじめての歳時記」と表現する絵本「くだもの」。小さいお子さんと一緒に読むことをお勧めしてくれました。ページをめくるごとに季節が変わり、旬のくだものと食べ方が絵で紹介されています。本となるとついつい文字を追いがちですが、絵でしか伝わらないことがあると絵本の楽しみ方を紹介してくれました。

そしてトークの後にブックトークという初の試みに挑戦しました。

 

ブックトークとは…
テーマを決め、本を紹介する人と聞き手に分かれます。紹介者はブックとーカーと呼ばれ、その本の面白さを相手に伝えます。読んでみたいと思わせられるかがブックトーカーの腕の見せどころ。新しい本の楽しみ方が広がります。

ブックトークは自分で考え想いを言葉にするトレーニングにもなります。
ぜひご家族でもやってみてください、と石川屋さん。
同じ絵本で挑戦しても面白そうですね。

gatto coffeeの本棚に並ぶ絵本たち。
カラフルな表紙で「手に取って!」と誘っているようです。
きっとお気に入りの一冊がみつかるはず!
ゆるりとしたティータイムのおともにいかがでしょうか^^

 

CATEGORY

ブログカテゴリ

TOPブログBook Actionちょっとめずらしい!?絵本68冊がgatto coffeeで読めます!